HOME

最新のお知らせ


2019年4月2日 : マラガ遠征 カンテラトレーニング参加

いよいよカンテラチャレンジ
遠征のご褒美

選ばれなかったメンバーは、二人のトレーニングを見学
悔しい想い、表情からも窺い知れます

参加メンバーの中で、誰がカンテラの選手たちと近いレベルにあり、自分を表現できるのか
総合的に参加者を決定しました

緊張の中、いざロッカールームへ、選ばれしカンテラーノは人懐っこくて、みんな陽気♫
スペイン語のわからない彼らに質問の嵐(笑)
完全に雰囲気に飲まれる二人…

この日は、コーディネーションから始まり、2グループに分かれてのロンド、ポゼッション。
そしてゲーム。セッションを重ねるごとにあがるインテンシティ。
プレーしてわかる、カンテラーノの正確で素早い判断。基本技術の高さ。

なにもできなかった、でもそこからが新たなスタート
スペインの中でも有数のレベルにあるマラガCFのカンテラでプレーする
誰もが経験できる訳ではない、その圧倒的な経験を彼らは得ました

きっと2人の長いフットボール人生の財産になることでしょう

さぁその先へ、進もう Vamos chicos !!


2019年4月1日 : マラガ遠征 リベンジ その先へ…


何日間かの出来事が、その何倍もの時間に感じられ、濃密な時間が流れている彼らにとって、マラガの日々もいよいよ集大成。
やり残したことは… そうです。カンテラチャレンジです

今日のマラガは珍しく雨。太陽の街も三月は雨が降ることも多いそうです。
朝は、バスでてくてくお散歩。そして、マラガCF Femeninoの試合観戦へ
降格の崖っぷちにいるチームの観戦。あいにくの小雨にも関わらず、大勢のサポーターが♪
今回の遠征で、選手に貴重なプロサッカー選手としてのお話をしてくれたみのり選手は残念ながらケガででられず・・・
 試合はお互い降格争いにいるチーム同士の負けられない戦い…サポーターも熱が入る。ここでもスペインでおなじみの、レフェリーに対する、圧力、罵声(笑)
気持ちのこもった渾身のゲーム4対2で勝利!
 マラガは1点入るごとに、優勝したかのように大興奮のセレブレーション♪
鳥肌立ちました。
 得てして日本では、まだまだリーグ戦の試合というと緊張感のないゲームと捉えている選手、指導者もいますが、昨日のユースの試合もしかり、こちらは1戦1戦の密度、集中度がMax。これを1シーズン30節積み上げていく。週末の晴れの舞台(家族、仲間が応援にかけつける)のために1週間準備をする。終われば、対戦した仲間をお互いにねぎらい、健闘をたたえ合う。この繰り返し…
スペインのサッカーで一番羨ましく思い、日本に持って帰りたいと思うのはこのホーム&アウエーが確立されたリーグ戦文化ですね。

夕方は旅の集大成その2、マラガCF infantile C との対戦
先日のインターナショナルマッチでは、完膚なきまでに打ちのめされましたが、
この日は、試合に向けてのミーティングで、相手の分析を基に、チームとしてやるべきことの確認を入念に行い、試合に臨みました。そして6-1の完勝!!

今回の相手はプレッシャーが前回ほど強烈ではなく、ボールを持てる時間、ゴールに迫る場面も増え、当然ですが、プレッシャーがなくなれば、いろんなアイデア、技術を表現できます。

やはり普段からハイインテンシティの中でやることの重要さを痛感。
前回のTiroとのゲーム環境が日本でも日常的に経験できれば・・・
子供たちの努力だけではどうにもできない、環境の差を感じます。

これからアントニオさんとのラストトレーニング
そして、旅のクロージング作業が待っています

それでは
2019年3月31日 : マラガ遠征 infantil の衝撃

サマータイム開始!!
8時だけど、7時…

子供もスタッフも折り返しを過ぎ、少し疲れが見え始めた遠征
イベント盛りだくさんで、頭の整理が追いつきませんが、残りあと二日!
圧倒的な経験を!!

この日は、先日のロッカールームに置き忘れたバックを受け取りにマラガCFの練習施設へ
天然芝1面、人工芝1面、少年用ピッチ1面人工芝…

日曜日対戦する、マラガCF infantil C の試合を観戦
少しぎこちない動きからは想像できない、ボールの動かし方と、ポジショニング
パスの正確さ、受ける場所の適切さ

からだは動く、ボール技術(実行の部分)もあるけど
ボールが全く動かなかった、遠征メンバー…

子供たちも、このあたりは感じているらしく
試合を観ながら、ああでもない、こうでもないと、議論をしながら
スペインサッカー解読の糸口を探っていました

なぜ、なんで?
自ら感じた疑問を解消するべく
考える、考える、そして考える・・

次は、予定通りのマラガCF infantilの試合観戦へ移動

その道中、太陽と海の街マラガ!
のビーチを散策
天気もあまりよくなく、お目当てのものは見れませんでした(笑)

infantil B 2006年1月~ 
中1の早生まれから6年生にあたる彼ら…
でかい(笑)
1つ年上のリーグに所属
でも10番は11歳サビオラ風の角刈り♪
圧倒的にボールを握る、目を引くのはやはり判断の的確さとはやさ
もうサッカーが大人です

こちらには、語学学習でいうところの中間言語はありません、
小学生のサッカー、中学生のサッカー
その年代なら許される的なことは皆無
普通にサッカーしています♪

子供たちも試合の質に感心しきり・・・

あと友人のバルセロナのスカウトJoseにも遭遇♫
彼が連れて行きたくなるようになってね♫


夕方は、アントニオさんのトレーニング♪

今日は、今までのおさらい
考えることへの負荷が下がっているおかげで
楽しみながらできたでしょうか?
もっと追い込んで欲しかったですが(笑)
「楽しまないと」ってアントニオさん
選手の様子を見極めながらなんでしょうね

それでも、切り替えの超絶な早さが要求される最後のセッションは
楽しみながら、みんな高速の切り替えがみについて来ました♪

今日は、いよいよ師匠(アントニオさん)のチームと対戦♪

絶対勝つ!!!

それでは・・・



2019年3月30日 : マラガ遠征 トレーニング!!


今回の旅は、貸し切りバス移動が多いので、時間が管理しやすいです。
でも子供たちが現地の雰囲気を感じられない・・・
この日は停留場発着のバスで観光にでてみました^_^

バスの中では、自然にお年寄りや、からだの不自由な方をいたわり、知らない人同士がおしゃべりに興じ
バスの雰囲気で、スペイン、マドリー、バルセロナでは感じられない、おおらかな南国の街、マラガを感じることができます

子供たちの土日を様々なカテゴリーの試合観戦を優先するという提案から
この日の朝は観光に当てました♫
マラガ観光のツートップ 16世紀建築の荘厳なゴシック建築、マラガ大聖堂、イスラム支配時代の要塞、マラガ市内を一望できるGibralfaroを回ってきました♪

毎回観光は、正直なところ、子供たちのリアクションはあんまりなのですが
こちらとしては、スペイン、ヨーロッパを感じてもらうために、外せない
自分の言葉でヨーロッパを語れるようになるその日までの感性のささやかな貯金です♪

今回の子供たちはどう感じたでしょうか??

さて午後は、アントニオコーチのトレーニング
時間通りに行くと、スタジアムが締まっている・・・
よくあります(笑)

この日は、実際アントニオさんが試合前に取り入れているウォーミングアップから
緩慢な動き、注意、集中の欠如を指摘されるスタート
それでも続けていくうちに子供たちもどんどん変化していけました♪
気づき、変化していくことが大事ですね
今回のメンバーは、思考がついてこない場面が多いかもしれません

普段、コーチの話を聞いてないのかな・・・(笑)

次は、頭をフル回転させながらの、心拍数も高めのパス&コントロール
初めは戸惑い、頭が追い付かない
それでも全員くらいついていって、なんとか最後にはハイテンポでボールが動いてました♪
Muy bien !!

ゲーム前のラストセッションは、
複雑な状況設定の、2コートのロンド
これもまた頭を使います…
判断の早さ、切り替えの早さ、パススピード「早い、早い」がポイント
選手たち、初めは少し戸惑いながらもそれでも順応
頭使ってプレーさせるってとっても大事だなぁと痛感

いいトレーニングができています♪

Gracias アントニオ♪

夕方はカンテラの練習見学!
同年代とは思えない、体つきと、うまさとジャッジの早さに脱帽…
ここでプレーできる選手がいるのか…
食い入るように見つめる選手と、遊具で遊ぶ選手と…
それは見るより、サッカーする方が楽しいですけどね

夜は、試合観戦
カード連発の大荒れの試合
地元の子供たちとのどんちゃん騒ぎ
マラガサポーター熱い応援というか
相手選手と審判への恐ろしい圧力(笑)を楽しめたのではないでしょうか?
いつ来てもRosaledaは雰囲気最高です♪

23:30ホテル着
起床は遅めかな?

それでは…

2019年3月29日 : マラガ遠征 衝撃の Tiro 戦

今日は4時起床♪
明日はきっと5時♫
健康的です・・・
子供たちはうまくいかない洗濯にちょっといらいら(笑)

朝に子供たちのコンディションを見ながらその日のスケジュールを微調整、日中は先の予定を担当のセルヒオさんとホテルの方とやりとりしながら

もちろんスケジュールは組んで日本を発つ訳ですが、諸事情(使用予定だった会場のライトが漏電によるプチ火災で使えなくなる)でその日の試合会場、時間がその日の3時間前に決まったのはさすがにアンビリーバルでした(笑)
しかししかしセカンドチームが使用する天然芝フルピッチのグランドでプレーできることに
禍を転じて福と為す♪
選手たちもってます

今日も朝からアントニオさんのトレーニング
ロンド中心のこちらでのオーソドックスなトレーニング
この日もパスの強さ、判断の遅さを指摘され続けながら、約120分
それでも彼らなりにサポート、攻守の切り替えが早くなっていくのが感じられるセッションでした♪

終了後はおなじみになった質問タイム♪
この日も子供たちはイスコ押しでした(笑)
印象的だったのは、子供たちの「アントニオさんの考えるいい選手は?」
の質問に
「認知、判断、実行のサイクルを正確に早く行える選手」とのお応え
実行の部分にフォーカスしがちな選手たちには新鮮だったんではないでしょうか

トレーニング後はマラガCFのホームスタジアム、ロサレダ観戦ツアー
普段は見れない場所にも特別に♪
彼らだけのツアーを組んでくれました♪
感想は「めっちゃ良かった!!」らしいです、
何が良かったんでしょうか?(笑)
感動したことだけは伝わりました♪

夕方は、アンダルシア州トップリーグに所属するTiro Pichón Aチームと対戦
見事にボッコボッコにされてしまいました
個人としても、チームとしても全く何もさせてもらえませんでした…
こちらは即席で結成したチーム、時差や、疲れも、いろいろ言い訳もできるのですが、それを差し引いても、レベルの差を感じさせられたゲームになってしまいました。

そんな中でも、Antonioさんのハーフタイムのアドバイスで、守備が少し整理されチームとして機能し始めたのは、さすがだなぁと感心させられる一幕でした。

打ちのめされた選手たち、
でもこれを機会に、楽しいだけが前面に出ていたこのグループも、より貪欲にサッカーに取り組んでくれることを期待しています♪

対戦したTiro
何回も試合を見たことのあるお気に入りのチームなのですが、
正確なコントロール、離すと運ぶの適切なジャッジ、圧倒的なスピード
そして親善試合らしからぬボール際のハードコンタクトと、ウチの選手のリスタートを早くさせないために執拗に邪魔をする選手
対照的にわざわざ相手にボールを渡してあげて早くリスタートされてしまうおぼこいウチの選手たち…

ここに来ないとわからない
圧倒的な経験 その一でした

恐らくこのチームから来年度は何人か、マラガCFに移籍していくんでしょうね・・

今日もマラガの空は青い♫